超教派性の感覚「終末の希望について」